愛知県立知立東高等学校

ホーム > お知らせ > 在校生・保護者の方へ-感染症による出席停止について

感染症による出席停止について

 「学校において予防すべき感染症」にかかった場合、学校保健安全法第19条の規定に基づき、校長の判断により、出席停止の措置をとります。
 感染症の疑いがある場合は、速やかに医療機関を受診し、医師と相談の上適切な処置をとられますようお願いします。
 また、治癒されましたら下記の報告書を学校へ提出してください。

インフルエンザの場合
 インフルエンザ受診報告書(PDFファイル)
 保護者の方で記入していただき、医療機関で発行された書類(領収書、処方箋等)の写しを添付して、担任へご提出ください。

インフルエンザ以外の感染症の場合
 出席許可証明書(インフルエンザ以外の感染症)(PDFファイル)
 医療機関で主治医に記入していただき、担任へご提出ください。


学校において予防すべき感染症

第1種感染症

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄膜炎、ジフテリア、 重症呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスに限る)、中東呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属MERSコロナウイルスに限る)、 鳥インフルエンザ(H5N1)、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症
※「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(平成10年法律第114号)第6条に指定する一類感染症及び二類感染症とする。
※新型コロナウイルス感染症は、第一種指定感染症に該当します。

第2種感染症

インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
※飛沫感染するもので、児童生徒の罹患が多く、学校において流行を広げる可能性が高い感染症とする。

第3種感染症

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症
※学校教育活動を通じ、学校において流行を広げる可能性がある感染症とする。

学校保健安全法施行規則第18条

ページのトップへ戻る